忍者ブログ
http://d.hatena.ne.jp/RRD/ に移転しました
Posted by - 2017.07.25,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by RRD ◇3MranranlY - 2008.01.24,Thu
------------------------------
--------------------------------------------------

>■□□                   
>■■□  静岡銀幕週報    
>□■■      第39号   2008/01/24    

───────────────────────

┏━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃N┃■┃作品レビュー
┣━╋━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■┃1/3 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「自己憐憫の自家中毒」

静岡オリオン座で1月19日19:00の回と21:30の回。客入りは前者は120人ほど、
後者が60人ほどとなかなかの入り。
噂の残虐と言われる場面も言うほどではないと思うけど、女の子グループで
身もだえしてたのがいた。

19世紀イギリス、美人妻を持ったことを判事にねたまれ、陥れられ流刑にされた
理髪師が脱獄してロンドンに舞い戻るところから物語は始まる。
妻は服毒、娘は判事の籠の鳥であることを知らされ復讐を誓うが、その前に正体を
見破った元弟子を殺してしまう。死体の処理はスィーニーに惚れた弱みのある
ラベッタ夫人の店のミートパイで。
このミートパイがヒットし、肉の調達のための殺人まですることに。しかしバレず、
やがて判事への復讐の機会が訪れる。

ソンドハイムのミュージカルは旋律の難しさが評価されてるみたいだけど、
どうにもその辺は分からなかった。
複数人の掛け合いやつながりは上手いなー。ただやっぱりジャーンと派手な
ALWの方が好きだ。
この映画ではジョニー・デップ&ティム・バートンのコンビがウリになってるけど、
ジョニー・デップがどこに出てたのか分からなかった。その代わりに
くりいむしちゅーの有田が出まくりだった。

もともとこの作品自体は脚本が上手く音楽が上手いところに、役者が上手くて、さらに
監督が作品が浮き彫りにする人間の性を上手くまとめたものだから、上手さだけが
目立って、ミュージカルというジャンルそのものが持つ迫力みたいなものにイマイチ
欠けていたような印象。
そんなものは舞台で感じろ、ってことかもしれないけど。

憎しみや復讐というものが本来あるべき手段としてではなく、目的として存在するように
なり、ひいては人が生きていく理由へと変化していく、その過程が放つメッセージは真摯に
受け止めたい。トビーの目の下に最後にクマが出来てたとこ、怖すぎ。

しかし暗いよなー。この18世紀のイギリスの雰囲気って産業革命にともなう社会構造の変革と
初期資本主義の矛盾が表面化して、確かに不安しかなかったんだろうけど、
それと比較して同じくらい不安なはずの今の日本のノーテンキさ加減はなんだ?
最初のラベット夫人のパイが不味いのは自分のせいじゃないとか、スウィーニーが
殺人を続けながら娘と会えないことを再確認する歌を歌い続けるあたりに象徴的だけど、
自己愛から来る自己憐憫が自己中毒を起こしてしまった、だからイギリスは暗いのか?

スウィーニーのだめだめワールドを居心地のいい世界にしてしまった、これはジョニー・デップの
好演とティム・バートンの奥さんのヘレナの怪演、ティム・バートンの色彩感覚、
このトリオは強力すぎる。

公開中
静岡ピカデリー2
MOVIX清水


┏━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃M┃■┃もうひとつ作品レビュー
┣━╋━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■┃3/4 フライボーイズ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1月24日、静岡シネギャラリー左側で14:30の回。客入りは12人。

ミニシアターでやる映画じゃないよな。もっと大きい画面で見たかった。
制作費自慢するような映画がなぜミニシアターで公開されるのかが疑問だったけど
オラクルの社長が子供を俳優デビューさせるために金と口を出したことが影響してるとか。

第一次世界大戦中にフランス軍に志願して、出来たばかりの飛行機のパイロットになった
アメリカ人たちの青春。短く感じたから、もっと志願するまでの経緯を詳しく、とか思ったけど
138分じゃこれ以上は無理だよね。

戦闘シーンはややワンパターンで、当番制で人が死んでいったような部分が感じられたものの
飛行船がらみのシーンはいつまでも見ていたかった。
飛行船、いいよねー。そういえば先々週あたりに生まれて初めて本物の飛行船が飛んでるのを見たのよ。
偽者の飛行船は東京ドームで見てるけど。
日本平上空あたりにいるのに気づいて、高草山を越えていくまで10分かからなかったと思うけど
結構速いよね。それはどうでもいいか。でもずっと見ちゃうだけの魅力がある。

久しぶりに見た戦争映画だった割に、あまり戦争映画っぽい感じがしなかったのは
騎士道精神の名残がふんだんに感じられたからか?
近代戦ではありえないような、人と人との戦いの姿があった。レーダーなんかないから目視してるんだよね。
で、目視で首を振りすぎると擦れるから、って首にスカーフを巻いてる。
空中戦中に横に並んだ敵のパイロットとアイコンタクトとか、せめてこのくらいの時代まで戻ろうよ。


2月1日まで
静岡シネギャラリー


┏━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃R┃■┃来週なに見ようかな
┣━╋━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■┃テラビシアにかける橋
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
世間的には「陰日向に咲く」なんだろうけど、これ原作がいいとは思えなかったんだよねー。
エピソードをつなげて上手く落としたとは思うけど、だから?って感じで。あわないんだろうな。
アニメの「ビー・ムービー」と、吉永小百合の「母べえ」を年齢的に消去すると
「テラビシアにかける橋」か・・・。とはいえこれも「子供の妄想王国へようこそ」的な
あれで、なんかどうにも。

┏━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃Z┃■┃雑記
┣━╋━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■┃youtube
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
youtubeが著作権料を払ううんぬんのニュースの続報がないんだけど、
交渉はきちんと進展しているのだろうか?
「Sweeney Todd」も舞台をどこかでテレビ放映した画像がアップされてるんだけど、
で、見ちゃうんだけど、気が引けるんだよな。
もちろん画質も音質もアレなんだけど、その昔は短波ラジオで洋楽を聞いてた世代からすれば
屁でもない。つーか、信じられないよ、こんな時代。


▽発行 RRD ◆3MranranlY
▽ブログ http://rrd.blog.shinobi.jp/
▽購読登録・変更・解除はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000227749.htm


◎静岡銀幕週報
 のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000227749/index.html
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[01/18 MichalAttip]
[01/17 Viktorianfiny]
[11/17 card]
[10/16 NONAME]
[09/01 わんの]
プロフィール
HN:
RRD ◇3MranranlY
性別:
非公開
自己紹介:
静岡銀幕週報原稿下書き用のブログ
http://www.mag2.com/m/0000227749.htm
その他の備忘録
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]