忍者ブログ
http://d.hatena.ne.jp/RRD/ に移転しました
Posted by - 2017.07.25,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by RRD ◇3MranranlY - 2008.01.03,Thu
髭男爵も面白いけど、大西ライオンも面白い。
つーか、男でミュージカル好き、ってすっげー親近感を感じるんだけど、でもこの人の芸がどうかって言われれば・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=EkMSXGrtbbE
この番組で間違いなく一番ウケてたけど、完全に企画の構成が味方してた。完全に一連の流れになってた。前のステージが次のステージの伏線になってたからここまでウケた。特に「モノマネ」で「ライオンキング」と言っただけでウケてた場面に顕著だった。
しかしそういう瞬発力のある短期決戦だからこそ、最後のおっさんには笑って欲しかったなー。あのおっさんのせいで一人の芸人がブレイクを逃し、そしてミュージカル文化が停滞するハメに。
最後の「誰だ食べた奴は」は最強に面白かったのに。

大西ライオンの面白さは、ミュージカル文法とリアル社会とのギャップにある。その違和感を見事に笑に転化している。ミュージカルの劇場内という限られた空間でのローカルルールをリアル社会に持ち込み、生じるギャップだ。
しかし改めてリアル社会の目線でミュージカルを見る時、改めてミュージカルの魅力というものに気が付く。
ミュージカルを面白くないと評する奴がよく使う「リアリティがない」だの「どうして歌うの?」という輩に逆に聞きたい。
「リアル社会にどうしてリアリティがあるの?」「どうして歌わないの?」と。
大西ライオンのように歌えれば、世の中のすべてが解決するような気がするよ。
いろんなことが俺のどうしようも出来ないところで勝手に進んでいって、その無残な結末にだけ立ち会うなんてことがある。俺にどうしろってんだ!って時。
呆れて鼻歌として歌った「ジーザス・クライスト・スーパースター」の「私はイエスがわからない」を大西ライオンのように朗々と歌い上げることが出来れば、人生はどんなに素晴らしいものであることか!
なんなら2月の棚卸のときにやってみようか。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[01/18 MichalAttip]
[01/17 Viktorianfiny]
[11/17 card]
[10/16 NONAME]
[09/01 わんの]
プロフィール
HN:
RRD ◇3MranranlY
性別:
非公開
自己紹介:
静岡銀幕週報原稿下書き用のブログ
http://www.mag2.com/m/0000227749.htm
その他の備忘録
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]