忍者ブログ
http://d.hatena.ne.jp/RRD/ に移転しました
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by RRD ◇3MranranlY - 2007.05.22,Tue
テーマとかその背景とかイデオロギーとかいう部分を別にして純粋に映画の出来なら「俺、君」に比べると2枚か3枚劣る。惨敗だ。都知事選の浅野並みの惨敗だと言っていい。
サールナートホールで15:50の回。
客入りはイマイチで30人弱。同時間帯のクィーンとあかね空が満席になってるのに。
続編とはいえ、まったく独立した話で前作を見ていなくてもまったく関係がない。しかし話題になったとはいえヒットしたわけではない前作の続編という弱点は前作のテレビ放映でも埋められなかったか。
それ以上に出来も良くない。俺は他の作品に比べてどう、とかそういうことを普段は書かないけど井筒が同じ俎上に上がりたがってるからあえて書く。
舞台は在日の世界。それは分かる。問題はその舞台で何を描きたいんだ?ってのがよく分からないこと。
芸能界裏話ってわけでもなし、難病と戦うヒューマンドラマでもなし、犯罪アクションでもなければ差別と戦う社会派擬似ドキュメンタリーでも、在日社会ウルルン滞在記でもない。
結局、描きたいことなんかないんだろ。ただ在日の世界でにぎやかに騒ぎたいだけなんじゃないか?
見所はケンカシーンだけってのがそのことを証明してると思う。
とはいえ、そのにぎやかアホパワーが今の日本に必要なものだとも思う。
ただその熱を描くのが目的としても、テーマがぶれて集中できないところに、変にイデオロギー的に挑発的な部分や「常識」で見れば引いてしまうようなエピソードでその熱をそいでしまっているような感じ。
あと、当時を題材にした小ネタも散りばめられてたけど、それらも徹底されておらず、
その時代のそれっぽいものがあればいいだろう的な安っぽいテーマパーク臭が感じられた。
http://www.kantetsu.co.jp/new/blue_train/blue_train.htm
京浜東北線がドアの形が変な4両編成の気動車だったりとか。
このあたりのこだわりの美学が「俺、君」との大きな差につながっていると思う。
作りたいものは分かる、でも分かる人には分かってくれるだろうと言う井筒の甘えが感じられる仕上がりだった。
分かるけど、分からないふりをしたい。


というあたりをベースにメールマガジンを発行する予定。
http://www.mag2.com/m/0000227749.htm
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
「パッチギ!LOVE & PEACE」またパッチギですか!
「パッチギ!LOVE & PEACE」★★★ 井坂俊哉 西島秀俊 中村ゆり 藤井隆 出演 井筒和幸 監督、127分 前作「パッチギ」は在日という重いテーマながら 全体に「生きる」という前のめりな情熱に溢れた作品で 「GO」と同様、かなり好きな映画だった。 さて、今...
soramove - URL 2007.06.09,Sat at 21:41:14
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/18 MichalAttip]
[01/17 Viktorianfiny]
[11/17 card]
[10/16 NONAME]
[09/01 わんの]
プロフィール
HN:
RRD ◇3MranranlY
性別:
非公開
自己紹介:
静岡銀幕週報原稿下書き用のブログ
http://www.mag2.com/m/0000227749.htm
その他の備忘録
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]