忍者ブログ
http://d.hatena.ne.jp/RRD/ に移転しました
Posted by - 2017.07.22,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by RRD ◇3MranranlY - 2007.03.17,Sat
ピカデリー2階で19:00と21:30の「デジャヴ」を見た。
2回見ちゃった。最初の20分くらいを再確認するためと、そこまで見ちゃったらラストの泣かせももう1回見ようと。
タイムトリップうんぬんはちょっとがっくし肩透かし、フォーガットンの再来かと思った。
確かに純粋な犯罪捜査もの、あるいはタイムトリップものとみるとイマイチ評価は低くなるんだろうけど、仕掛けに目を奪われてるだけ。これはそういう映画じゃないと思う。
「ショーシャンクの空に」を脱出映画としてクソ映画だと言うのと同レベルの話だろう。
こりゃもう純粋な恋愛映画だよ。この映画では出会いが「死体と」「タイムトリップして」「ラスト」の3回ある。それぞれの表情の演出がたまらない。
戸棚訳でいうところの「インタビュー」をどれだけ読み込むかで印象も変わって来ると思う。
この作品は単純に過去と接触するのではなく、時空の歪みを通じて現在というテーブルの上にあるリアルタイムの過去と接触をする。ここがよく見るタイムトリップものと違う点。
そしてそのテーブルは無数にあり、複数のテーブルを行き来できる人もいるだろう。
ただ、どんなテーブルにおいても普遍に求められ、評価され、人を動かすものがある。
陳腐な言葉で言えば、愛と勇気。
設定と映像は特殊だが、久々に原点に返った洋画を見たような思いがする。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[01/18 MichalAttip]
[01/17 Viktorianfiny]
[11/17 card]
[10/16 NONAME]
[09/01 わんの]
プロフィール
HN:
RRD ◇3MranranlY
性別:
非公開
自己紹介:
静岡銀幕週報原稿下書き用のブログ
http://www.mag2.com/m/0000227749.htm
その他の備忘録
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]