忍者ブログ
http://d.hatena.ne.jp/RRD/ に移転しました
Posted by - 2017.10.21,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by RRD ◇3MranranlY - 2007.03.12,Mon
アダルト商材の扱いマニュアルの草稿を見ていたら、その定義として「険悪の情を催させるもの」とある。
険悪の情とは耳慣れない表現。どうもなにかの法令を引っ張ってきているようなので出典を検索したところ、出典は不明だが複数の法令で「けん悪」という表記をしているのをみつけた。
ようするに険悪なんじゃなくて嫌悪。
「けん」がなぜひらがななのかを考えると、常用漢字ではないからなのだろう。しかし嫌は常用漢字。となると「嫌」は当て字なんだろうか?そう思って「いや」「ケン」で調べてみると厭悪という熟語に行き当たった。
なるほど。厭悪の情が本来で、戦後直後は厭の字が使えずに「嫌」悪も広まっておらずにやむを得ず「けん」悪と表記したのだろうと推測。
どっちにしても険悪の情という言葉が存在しないことに自信を持てたのでこっそりと校正しておいた。
でも俺なんかは「けん悪の情」というつながりで「険」の字は出て来ない。「けん悪」だけでも険悪よりは嫌悪が先に思い浮かぶ。何かの心理テストに使えそうだ。
外向的でポジティブな人間は険悪を、内省的でネガティブな人間は嫌悪を選ぶと思う。
そりゃそうとして誰が書いたか知らないけど社外の公式の場で「けんあくのじょう」って音読したら相当の赤っ恥だと思うが。放っていおいても面白かったかも。現場には関係ないもんな。

mastradioがいい感じ。
http://www.mastradio.com/
shoutcastではhindi urdo newage worldというカテゴリになってる。hindiっていっても他のhindi局みたいのは苦手。New Age World]
PR
Comments
無題
けん悪の情でヒットしたのでカキコ!!

デタラメを書いてもらっては困りますな。
「厭悪」は「えんお」と読み、
どう考えても「嫌」が「厭」の代用字として
成り立つわけが無い。
ではなぜ、法令で「けん悪」と書かれてあったのか?
それは「嫌」の字が当時は常用漢字ではなかったからです。
この字は1981年に新たに常用漢字として組み込まれた漢字の一つです。
そのような字は95字にものぼります。
まあ、そういう訳です。
Posted by レコ - 2007.05.21,Mon 02:48:07 / Edit
ご指摘ありがとうございます
教えていただいてありがとうございます。
当用漢字・常用漢字とはなにか、それらが法令でどう使われているか、そのあたりがわからないままの推測でした。
戦前からの法令がそのまま残って、常用漢字にない文字が法令で使用されていたりして、そのあたりでも混乱していました。
Posted by RRD ◆3MranranlY - 2007.05.24,Thu 14:10:44 / Edit
無題
今更で申し訳ないですが訂正を

×「嫌」の字が当時は常用漢字ではなかった
○「嫌」の字が当用漢字には無かった

大した差では無いと思わないで下さいね
「当用漢字」は「現代仮名遣い」とともに
日本語を破壊してしまった元兇でもあるので
この用語は是非覚えておいてくださいね
Posted by レコ - 2007.07.01,Sun 12:47:20 / Edit
無題
いえいえ、かえすがえすありがとうございます。
「当用漢字」「現代仮名遣い」に並ぶMSIMEの日本語変換による破壊をリアルタイムに経験していて、日本語というものを真剣に考えるようになっています。
Posted by RRD ◆3MranranlY - 2007.07.03,Tue 22:51:41 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/18 MichalAttip]
[01/17 Viktorianfiny]
[11/17 card]
[10/16 NONAME]
[09/01 わんの]
プロフィール
HN:
RRD ◇3MranranlY
性別:
非公開
自己紹介:
静岡銀幕週報原稿下書き用のブログ
http://www.mag2.com/m/0000227749.htm
その他の備忘録
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]